トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

ゴマ4

お待ちかね?そろそろゴマの話し書かないと忘れそうなので、書いときます!
さてさて今回は、ゴマ取り付けに掛かります。
まず、取り付け前日に油でベタベタのゴマをトラックに載せます。Dscf0574これが結構くせ者!触ると油だらけで載せるのに一苦労、ゴマが転けないように縛るとロープが汚れる。結局なにも固定せず運ぶ事にした。             
   
翌日、無事に鞘蔵前到着!
山車を外に出してはめ換えに掛かります。
さて今回、どんな風に換えたかというと、山車を持ち揚げる。
どんどん!高く!もっと!高く!
ゴマが横に外せる位!
大丈夫なのか?本当に!
普通は山車を解体して付け替えるはずだが、ココの山車は解体が出来ない。
しょうがないから山車ごと持ち揚げる事に成った。
これが取り替え中!Dscf0577誰がどう見ても「危険!」。
結構揺れてます。   
   
   
ゴマのはめてある軸にワイヤーを掛けクレーンで吊り降ろします。  

ここの山車の軸は鉄の軸が使ってあります。Dscf0578
昔はウバメガシ(ブナ科でドングリの出来る木)という備長炭と呼ばれる木炭の原料を使っていました。
しかし、木と云う性質上折れてしまうため半永久的には使えません。
それでも、まだ今でも山車に使っている所もあります。
降ろしたら古いゴマを外して、新しいゴマを付けます。
付ける前にゴマの軸穴にグリスをたっぷりと塗り付けます。
グリスを塗った人は最悪でグリスを手に持ち穴の中へ塗り込みます。
塗った後は勿論手や腕までグリスでベトベトおまけに服にも付けていました。
と、これぐらいで次週最終回!かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

キーボード

最近パソコンのキーボードが調子悪い。
どんな具合かと言うと、パソコン起動してすぐに使おうとすると英字のOとLがいくら押しても入力されない。
気温&湿度の関係かストーブを点けてしばらくしたら使える様になっている。
以前から調子が悪くても、仕事で使うエアーコンプレッサーで掃除すれば直っていたのだが、今度ばかりは直ってくれない。
新品にキーボードを買い替えても良いのだが、しばらく待てば使えるからなかなか買う気にならない。
一度分解してみるか?
でも、新品買ったってそんなに高くないしなぁ〜(3,570円)
どうしよう?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

キックスケーター

ゴマの取り付けの話は一時お休みして今日の話し。
東浦のジャスコの中にあるトイザラスでキックスケーターを買って来た!
Dscf2455
買った経緯を話すと、昨日半田のジャスコに子供が「ゲームした〜い!」とぐずられ仕方なく連れて行った。
そこで嫁がキックスケーターを見るなり、「あすか(娘)上手いんだよ!」。
なんか嫌な予感!いかにも「買って!」と言ってるみたいな感じ?
結局今日、「買わされました!」、「しかも2990円×2台」これより安いのがなかった。
ブームが去ったいまでも8000円位のもあったが、所詮子供のおもちゃ?「そんなに高いのは買ってやれん!」。
家に帰ると早子供たちは、早速遊んだ!
おまけに嫁まで!楽しそう?に、「遊びまくっている!」。
「本当は自分がほしかったじゃないの?」と聞きたかったが、恐ろしくて聞けなかった。
Dscf2460
ナゼかキックスケーターに乗りながら、じゅん(息子)をおんぶしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

ゴマ3

今日もゴマのつづきです。
旋盤屋さんで完成したゴマ4つまだまだ山車には取り付けれません。
ゴマの側面中央から軸の芯に向かって油の注ぎ口を作らなければなりません。
これが無くては山車の動きが悪く成るばかりでなく、ゴマの芯の穴が大きくなっていまう。
Dscf0559あまり油が入らない。ちょっと穴が小さかった!と、まぁ〜ここまでが製材屋さんの仕事でした。                                                                        
ここからは自分達で行います。
完成したゴマを家の工場に運び込みました。
このまま山車取り付け日まで置いておくと、木の乾燥でヒビ割れる事があります。
だから、車のオイルを塗る事にしました。
山車を毎年解体して保存している処などでは、海中の砂の中やゴマ専用の水槽を作り来年まで保存している所もあるが、ココの山車は毎年台輪に板木を敷いてゴマが浮かして保存しています。
そのため常にオイルで湿っていなければ成りません。
オイルを塗ると色がこんなにも変わります。Dscf0553
そして、あっ!と言う間に木にしみ込んでいきます。
オイルを塗り重ねる事5.6回徐々にしみ込みにくく成ります。
合計10回ほど塗りました。消費したオイルの量は4リッター缶1.5本ほど使いました。
と、ここまでが私の受け持ちでした。
次回からは、祭りの保存会の仲間で山車のゴマ付け替え入ります。
望ご期待!?Dscf0571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

ゴマ2

さて昨日のつづき、今日はゴマの作り方。
まず最初に原木を必要な大きさより少し大きくカットして4本作ります。
次に木の芯が中心に来る様に円を書き、円より少し大きめに回りをカット。Dscf0550                                                      
                     
ココから先は、旋盤屋さんの仕事になります。
Dscf0548                                                                                                     
まず、片側半分を削ります。
Dscf0547
真ん中まで削り終えたら、最後に側面を平に削り、角の面取りをする。
次にひっくり返して反対も同じように削る。そして 側面をサイズどうりの厚みに成るように削り揃える。
結構簡単そうにみえますが、一本出来上がるのに一日かかるそうです。
旋盤屋さん曰く「木が固くて削ると煙が出てくる!」そです。(材料が松では煙が出るほど固くないそう?)最後にゴマの芯に芯棒よりやや大きめに穴をあけるのだが、木は生き物?なので水や油を含むとサイズが変わるそうで難しいとのこと?(企業秘密?)Dscf0558
そして完成!
でもまだつづく、、、また明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

ゴマ

一年半ほど前に山車のゴマ(車輪)を交換した話。
地元の大工さんが山車の修理をしているのだが、ゴマが小さくなったので交換する話がでた。
家の嫁の実家は材木の製材業をしていて、ゴマの販売製造もしていたので大工さんに話をした。
松をゴマに使う地区もあるが割れやすく維持が大変なため使わず、材質はブビンガで見積もりを取り折り合いが付いたので頼まれる事になった。
しかしブビンガ言えども早々山車に使える材料は輸入されてこない。
ただでさえ山車祭りの多い地区だから特にない。
だが、運良く名古屋港の材木問屋に使えそうなモノが有るそうなので見に行った。
現地で実物を見たら芯のワレがひどく使えそうになかった。Dscf0536

でも山車に使えるゴマがなくては困る。ということで、「実家のお父ちゃんがんばった!」。
とっておきの一本を「これならどうだ!」と案内した。モノが大きすぎて予算オーバー。
お父ちゃん内心赤字覚悟で見積もりどうり作ってくれる事になった。(いいのかなぁ〜?)
Dscf0541今日はここまで、明日につづく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

らくがき

時間つぶしに使えるサイトの紹介。
知らない人達と一緒に「らくがき」出来る所です。
http://www.playdo.com/games/graffiti/
どんなサイトかは、やってみると分かります。
やり方は、最初のページで名前を入れてOKをクリック!
次に左下のCHOOSE SCENE上から4つどれか(格部屋につながる)をクリック!
誰かが使っているとすぐ勝手に落書きされます。
自分も書きたいときはマウスをつかってスプレー缶で書きます。
消すときは、タオル?に持ち替えます。
さて、始めてみて分かると思うけど、みなさん良い人とは限りません!(ここが面白いところ)
折角書いたモノを消される事もあれば、一緒に書ける場合もあります。
さぁ〜!お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

建方終了

完成しました!鉄骨組み立てだけだけど。Image1
あと鉄扉作って家の仕事終わりだけど、土間コン済んでからになる。
それから昨日の基礎の話。
画像見るとわかると思うが、とんでもなくベースとズレている。Image_1
本来なら、ベースがコンクリートの真ん中に納まっているのが正しい。
お施主さんが頼んだ基礎屋さんだから家は関係ないが、家が施工ならきっとやり直し。
設計士さんは土間コンと固めるから〜???とあきらめ感じ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

建方

今年最初の建方、広さ10m×8m高さ4mの平屋の工場。
柱を建てるなり、あっ!アンカーが、、、(オールアンカというコンクリートに穴を開けてボルトの頭をハンマーで叩き込むアンカー)最悪です!基礎のコンクリートの中に柱ベースがおさまらない。
お施主さんが頼んだ基礎屋さん?(本当は左官屋)寸法どうりに出来ていない。
あれほど、「長張りやります!」と言っているのに要らないなんて言って!
しょうがないから、ベースに穴開け直し建てた。
結局一日で終わらず明日も作業(まあ〜自分の間違えたとこもあるが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

道狭い!

明日の建方の準備で本日も仕事。
ここ最近日曜日に仕事している様な気がする。
建てる材料を運んだのだが、トラックが入るのに道幅狭くて苦労した。
トラックの両脇三センチ位しかなかった!
よくこんな狭い道の所に住んでいる。
おかげで、クルマのボディー垣根で擦ってしまった!
まあ〜トラックだからいいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

忍者!

今日は、三重県の伊賀上野に忍者を見てきたつもりだったが、場所に着くなり目についたのが、「だんじり会館」。
すかさずそちらに足が向く!中に入ると建物の真ん中に「だんじり?」が数台飾られている。
1
だんじりというと大阪岸和田を思い浮かべるが、これはどちらかというと、京都の祇園山鉾に似ている?
国指定重要無形民俗文化財だそうで、元禄元年頃から有るそうだ。
そういえば、愛知県半田市亀崎の五台の山車も重要無形民俗文化財に成ったと今日の新聞に書かれていた。ちなみに我が町の山車は、町の指定文化財である。「お〜なんと格の違う事!」
話がそれたが、この祭りの特長に「鬼」が祭りに参加する。しかも沢山!そして、大人も子供も!
鬼の中でも「ひょろつき鬼」がメインみたいだ?2_1面白そうだから今度10月の祭り観に行ってみようと思う。
あっ!そして肝心の忍者であるが、到着時間が遅くというよりもだんじり会館の時間が長かったせいで、ショーを観れなかった!ショック!でも、忍者屋敷は見物出来た。これは本物を移築した建物だそうだ。
土産物売り場で子供におもちゃの刀を買ったのは言うまでもないが、自分は4000円の桐箱に入った手裏剣が欲しかった!でも嫁に「あぶないからヤメとけ!」と一撃であきらめた。結局買ったのは、Dscf2444_5
だんじりの本500円と忍者のかたやきというせんべい。
最後に、上野城と芭蕉翁記念館を観て帰って来た。
しかし家に着くなり、かたやきをお店の人に一番固いの教えてもらい買って来たのに子供が「バリバリ」かじったのには驚いた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

陰陽師

ここ最近のおきにいりブログに名前で気ずく人もいると思うが、「陰陽師」現代の阿倍野清明とも言われる?石田千尋さんのココログがある。
陰陽師というと怪しい人に思えるが、外見と違いなかなか面白そうなひとだ。
ココログの内容は、あえて書かないが、一度読んでみる事をお進めする。
http://chihiro.nifty.com/chihilog/Web3_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

天王丸

我が地区の祭りの山車の名前は、「天王丸」。
天皇ではなく、天王である。
山車の形状は、台輪の内にゴマ(車輪)があり、堂山と上山からなる知多型と呼ばれる山車。
文久二年(1862年)に上山の船を、翌年台輪が作られ上棟したと記されている。
彫刻に関してはまたいずれ載せますが、中野甚右門重富の作である。
大幕は、赤幕に金糸で市場の刺繍、水引は松に二羽の鶴の刺繍、船幕は赤地羅紗に黒の別珍を使用
Dscf0215
船中幕に天皇家の家紋で五七の桐と菊の紋が合わせて付けられている。Dscf0219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

6周年

インターネットに使っているプロバイダーから今日で利用6年間になるとメールが来た。
ネットを始めたのがそれよりも3年ほど前だから、来年はネット生活10周年!
そろそろウインドーズでも始めるか!(現マック)
新しいパソコンほしいなぁ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

エスティマ

とうとうTOYOTAのエスティマがフルモデルチェンジした。
我がアルファードはトヨタの最高級ミニバンだったが、今度のエスティマはすごい装備だ!
天井の内張がスピカー?だそうな?シートは3列目が床下に沈み2列目が3列目に移動する。
エンジンはV6 3.5Lの6速ATだって!
アルファードも4月に3.5Lになるらしいが、この装備の違いはなんだ!ウインカーミラーも標準装備になっている。
チョット内心ショック!!
「新型アルファードいつ出るか楽しみだ!」と気の早い事を思ったりして。
そんな事言って新型出たら買えるのだろうか?
しかし新型エスティマてHONDAのエリシオンに外観似ている様な?Imagehtml_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

神社の幟(のぼり)

日曜なのに今日も仕事!
隣の地区にある津島神社で、幟(のぼり)を収納する台の取り付け工事。
前々日、親父と左官さんが木の根っこだらけで苦労して穴を掘ったところに柱三本取り付け。
二時間ほどで、今日の仕事終了!
2
後はコンクリ流してエンビ管取り付け、完成!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

雨最悪

本日、雨の中溶接仕事。
雨具を着ての工事でコンクリ止めを付ける作業だったのだが、終わってみれば大雨のせいでシャツやパンツまで濡れるぐらいだった。
本当に最悪な日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

祭りの話し

我が地区の祭りは、毎年四月の第一日曜とその前日にあります。
どんな祭りかと言うと、山車(だし)が地区内を練り回る。
愛知万博で山車百両総揃えを観て全国的に有名になったかもしれない。
しかし、我が町内には山車が十一台あるのだが、あいにく一台も出さなかった。
万博出展の要請が我が地区にもあったのだが、毎年祭りの度に組み立て解体していないので運べなかった。
さて話を戻して、これが我が地区の山車Dscf0213_5

町内の中では小ぶりですが、高さはあまり差がない。
自慢と云うか変わっていると云うか上山に船が乗せてある。
船のすぐ下にゴマ(車輪)が付いているのは全国的にあるが、こんな型のはチョット無いだろう。とこんな所で、山車の詳細はちょくちょく載せていこうと思う。(これでネタができる。)
今年もそろそろ本格的に祭りの準備が始まり、毎週日曜日がなくなり辛い時期になる。
仕事があまり忙しくならなければいいが、、、?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

原寸仕事

今日、一日中原寸仕事で腰が少し痛い。
最近間違えが多くて困る。ナゼだろう?
たまにはサクサクすぱ〜といきたいものだ。
もっと簡単な作りの仕事したいなぁ〜。
チョット愚痴に成ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

成人の日

うちの子は四歳と三歳と一歳、まだまだ先のことだけど二十年後はどうなっているのだろう。
今これを書いている間も長男が、「あの〜できない〜」とプラレールと格闘中!
今何時だと思っているんだ!!早く寝ろ!
あ〜泣き出した。
大人に成った時が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

ブログスタート

やっとブログ始める気になった?
さて、、、、どうしようか?
う〜ん    こまった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »