« キーボード | トップページ | カゼ »

2006年1月31日 (火)

ゴマ4

お待ちかね?そろそろゴマの話し書かないと忘れそうなので、書いときます!
さてさて今回は、ゴマ取り付けに掛かります。
まず、取り付け前日に油でベタベタのゴマをトラックに載せます。Dscf0574これが結構くせ者!触ると油だらけで載せるのに一苦労、ゴマが転けないように縛るとロープが汚れる。結局なにも固定せず運ぶ事にした。             
   
翌日、無事に鞘蔵前到着!
山車を外に出してはめ換えに掛かります。
さて今回、どんな風に換えたかというと、山車を持ち揚げる。
どんどん!高く!もっと!高く!
ゴマが横に外せる位!
大丈夫なのか?本当に!
普通は山車を解体して付け替えるはずだが、ココの山車は解体が出来ない。
しょうがないから山車ごと持ち揚げる事に成った。
これが取り替え中!Dscf0577誰がどう見ても「危険!」。
結構揺れてます。   
   
   
ゴマのはめてある軸にワイヤーを掛けクレーンで吊り降ろします。  

ここの山車の軸は鉄の軸が使ってあります。Dscf0578
昔はウバメガシ(ブナ科でドングリの出来る木)という備長炭と呼ばれる木炭の原料を使っていました。
しかし、木と云う性質上折れてしまうため半永久的には使えません。
それでも、まだ今でも山車に使っている所もあります。
降ろしたら古いゴマを外して、新しいゴマを付けます。
付ける前にゴマの軸穴にグリスをたっぷりと塗り付けます。
グリスを塗った人は最悪でグリスを手に持ち穴の中へ塗り込みます。
塗った後は勿論手や腕までグリスでベトベトおまけに服にも付けていました。
と、これぐらいで次週最終回!かな?

|

« キーボード | トップページ | カゼ »

「祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/572202

この記事へのトラックバック一覧です: ゴマ4:

« キーボード | トップページ | カゼ »