« 実家 | トップページ | 田原まつり会館 »

2006年5月 7日 (日)

玉屋庄兵衛の世界展

最後の連休にドシャブリの雨でしたが、田原市博物館に玉屋庄兵衛の世界展を見に行ってきました。
http://www.taharamuseum.gr.jp/exhibition/ex060428/index.html
Dscf3564以前に名古屋でもあったのだが、仕事が忙しくて行けなかった。
日曜日は、庄兵衛さんがからくり実演と解説に来ることが分かっていたので、楽しんで見てきました。
  

  
まずは、「からす天狗」の実演と説明。
大天狗&小天狗、牛若丸の登場です。
Dscf3533近くで実演が見れると、仕掛けが良く分かります。
  
  
  
Dscf3537差し金を手に庄兵衛さん、がんばっています、、、。
でも、湿度が高いので人形の動きが悪いそうで、曲が終わるまでに最後まで終わりませんでした。
次は、有名な「茶運人形」の説明。
Dscf3544庄兵衛さんの顔を見ると、とても楽しそうで、見ている方も引きつけられます。
この人形は世界中を旅して、日本のカラクリを世界中の人に見てもらっているそうで、ワールド ワイドな人形さんです。
最後は「弓曳き童子」の実演。
Dscf3545この本物は、今作ると一億円かかるとか、、、?
ゼンマイは真鍮、中のおもりは18金との説明、、、。
矢は4本あるが、4本中1本が、まとに外れる様にしてあるそうで、矢を一つ作るのも大変と云う事でした。
コレは、僕も欲しいカラクリです。
学研の「大人の科学」から販売されています。
http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/vol10.html
ココにも売っていたが製作キットの在庫が無くて、完成品のみ販売していた。
僕は、自分で作ってみたいので、諦めて買わなかった。
そのうちにネットで買おうと思っている、、、。

その後、愛知万博で見た、提灯が割れて中のカラクリが見れる「唐子指南車」の実演と説明を関係者の方が披露。
Dscf3518人間が手を使ってやる所を、コンピューター制御で再現されています。
  
  

他にも色々な展示を拝見!
最高に楽しめました!
雨でも行って良かったです。

|

« 実家 | トップページ | 田原まつり会館 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/1708582

この記事へのトラックバック一覧です: 玉屋庄兵衛の世界展:

« 実家 | トップページ | 田原まつり会館 »