« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

ハロウィン2

本日はハロウィン!
僕の家には、全く無縁だったのだが、何故か子供は、、、?
Dscf5536
いつの間に作ったのか?
多分、嫁のバイト先に併設されている託児所にて保育士が作ったのだと思うが、帰宅した息子は車から降りるなり帽子を被って上機嫌?
ここは一つ写真をと思った次第。
でも、本当にウチには全く関係無い行事です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

上野天神祭5

先日の上野天神祭で、鬼のひょろつき鬼さんの動画を載せるのを忘れていました。
写真だけではリアルさにかけるので、少しだけ、、、。
「ひょろつき鬼(釣鐘)」をダウンロード
あと、コチラ⤵では上野天神祭供奉行列巡行の先頭から最後まで見れる動画が有ります。
http://www.ict.ne.jp/tenjin/tenjin.htm
ON AIRをクリックして見て下さい。
へたくそレポーターがウザイし、行列が始まるまでが長いのが欠点、しかも約2時間もあるので見たい所まで早送りしましょう!
鬼さん達だけ見たければ、52分位から見れるぞ!

話しは変わり祭り最中の町中では、自分の家から観光客などに説明してくれるおじさんがいたり、、、。
Dscf5206
ミニチュアのだんじりを展示してたり、、、。
Dscf5289
各町の催し物や、蔵の中では展示、、、。
Dscf5191
Dscf5197
鬼行列を務めている町では、昔使っていた鬼の面を展示、、、。
Dscf5389
数年前までは本物の面で祭りをしてたらしいが、現在は祭りのときだけ展示されるそうです。
ちなみに数年前に鬼の面のレプリカを作ったら、ひとつが100万円するそうで、本物はそれ以上?

まあ、こんな感じの祭りです。
一つ驚いたのが、露店の数。
半田の亀崎に来る露店の5倍程出店してます。
なのに、町中にゴミのポイ捨てが少ない、、、?
少ないと言うより無いに等しい。
ゴミを捨てれる場所はあるけど、そんなには多く無く?
祭りでゴミのない様に努力している町の人々の努力が素晴らしいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

力神車解体

秋まつりを毎週出掛けていたが、今日は祭りがありません。
この地域の山車祭りも、来週に東海市の「東海秋まつり」が今年最後です。
で、今日はどうしたかと言うと、半田市の博物館にて亀崎の中切組力神車が展示終了のため片付けられます。
その解体作業を見に出掛けました。
博物館の開館時間が10時からなので、20分前に到着。
すでに、中切組さん達は搬入口から持ち出し片付けが始まっています。
ひょっとすると、すでに解体終了しているのか?と思いましたが、開館するまで関係者以外入れません。
開館したら、すぐに2階のラウンジへ、、、。
Dscf5462
すでに上山は解体され、前山の解体中でした。
各部パーツが外されて行きます、、、。
Dscf5473
あっ!と言う間に段箱も取り外され、、、???
柱の解体へ、、、。
Dscf5497
ここで、ちょこっと動画、、、。
「力神車解体」をダウンロード
この後、台輪も分解、、、。
Dscf5524
見学開始から1時間弱で全て終了!

次の展示は11月5日から、本板山組の本子車に変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

上野天神祭4

さて、お待たせしました!鬼さん出番です!!
今日は凄く写真が多いぞ!
大御幣の続きから、、、。
真蛇(悪鬼)
Dscf5321
猩々(八天)
Dscf5323
面無小鬼
Dscf5324
童子、怪士 、小面、泥眼、小飛出、賢徳、信仰面(小鬼)
Dscf5325Dscf5326
行道面(四天)
Dscf5328
Dscf5329
Dscf5334
阿古父尉(役行者)
Dscf5337
山伏、先達、奴(傘?)、将几持
Dscf5338Dscf5339
ひょろつき鬼 蛇(義玄鬼)
Dscf5340
ひょろつき鬼 大癋見系(釣鐘) 
この鬼さん一人ですが、特別に4枚載せます。
Dscf5342Dscf5344
Dscf5346Dscf5347
ひょろつき鬼 信仰面兼行道面(笈持)と(斧山伏)
Dscf5343Dscf5351
Dscf5356車引、太鼓台、太鼓打、指揮、先曳と続き、鬼王剣先(徳居町)
  
  
  
   
  
  
  
  
  
  
  
山伏、獅子口(先達)
Dscf5357
小鬼、童子、猩々、、、、
Dscf5359Dscf5360
行道面(脇立鬼)、(四天王)
Dscf5363Dscf5364
武将(鎮西八郎為朝)
Dscf5365
写真以外にも沢山の鬼達がいましたが、載せきれないので省略します。

行列は、少し進んでは休憩を繰り返して進んで行きます。
朝9:20出発から15:30(実際は遅れてます)まで昼休憩の1時間を除いて見物出来ます。
その途中の休憩では、、、。
Dscf5202
Dscf5335Dscf5182
鬼さんポーズをとってくれたり、一緒に記念撮影もさせてくれたりと、サービス精神旺盛です。
しかし、子供達(特に幼児)にとっては、最悪です!
Dscf5371
子供は鬼が大嫌い、もの凄い顔で泣きわめきます。
こっちでは、、、。
Dscf5330
孫は発狂ばあちゃんは爆笑で、ギャラリーも楽しめます。
でも、本当の鬼さんは優しい方、、、?
Dscf5370Dscf5373

これで、鬼行列写真終了です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

上野天神祭3

今日も上野天神祭の続き、、、。
だんじりを一通り見学した後、小腹が空いたので何か食べる。
この地方まで来ると、露店は関西系が多いので、種類も豊富で見た事が無い露店もありました。
たこ焼きは関西風なので大きくて旨いし、タコ一匹(もちろんミニ)まるごと入っている露店もある。
いろいろ食べたが、伊賀の物はアイスのみ、、、。
Dscf5279
モノは、しょうゆアイスで、一口食べると醤油の風味が、、、。
でも、味は醤油と云う感じじゃなかった?

露店をウロウロしていると、見慣れた看板(法被)を発見?
Dscf5293
半田?
ココにも祭り好きなオヤジが二名いました。

さて、そろそろ昼休憩も終わるので、行列を見物に行きます。
その途中、手拭を西町が販売してまして購入、、、。
Dscf5404
一枚500円也。

鬼行列の先頭の場所に来ると、すでに凄い人の数、、、。
ベストポジションどころか、居場所も無いので、もっと先の鍛冶町まで行きます。
理由は、記念タオルハンカチの無料配布(限定100名)があるから、、、。
Dscf5405
一枚300円でも販売されているのに並びました。(バカ)
おかげで神輿は行ってしまい、、、。
Dscf5297
結局この先神輿の写真が撮れなかった。(泣)
その後に続く鬼も行ってしまい、二番目のだんじり(鍛冶町のだんじり)が来たところで、やっとタオルハンカチを配布。(泣)
慌てて神輿の行き先まで行ったが、すでに何処かへ行ってしまった。
でも鬼行列は見れるので写真を撮るため、三之西町へ。
やっと鬼行列の写真が撮れます。
Dscf5316
最初に来たのが、采配、金棒引、侍と続き、大御幣、、、。
Dscf5319Dscf5320重さ約120キロ、真ん中の人は大変そうです。
  
  
  
  
すいません!今日はココまでにします。
本当は、鬼を載せる予定でしたが、この調子で鬼も載せて行くと凄い写真の枚数をアップしなければなりません。
よって、明日にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

上野天神祭2

祭り見物は車で毎回出かけるのだが、今回は三重県の伊賀市だったので少しばかり遠い、、、。(泣)
電車で名古屋まで行き、高速バスで行こうとも思ったのだが、いつもながら出発が遅い、遅れると良い場面が観れなく成るといけないので、やっぱり車で行きました。
ところが、現地に着くと駐車場が遠かった。(泣)
近くの駐車場は到着した時には満車状態、あと少し早ければ止めれたのだが、、、。
でも、市営駐車場なのに平日は無料でした。
しかし、ここも満車でして、勝手に駐車スペースじゃない料金所の前に止めました。(悪)

さて、祭り会場に着くと、すでに上野天神祭供奉行列巡行が始まっています。
最悪な事に巡行の最後尾にいます。
Dscf5148
何故最悪かと言うと、この祭りの巡行は先頭の神輿(みこし)行列に始まり、鬼行列、楼車(だんじり)と続きます。
その長さは、約1キロあります。
先頭から観たいので、だんじりの脇を通って、鬼を通り越し、、、。
神輿まで行く前に昼休憩に成ってしまい一時中断。
仕方が無いので、だんじりを撮る、、、。
だんじりの巡行順番は、毎年くじ引きで決まるので、今年の順番で一番から、、、。
各町に「しるし」、「だんじり」と有ります。
ちなみに、しるしは神様の祭壇の事で、祭壇の後ろ(しり)に続くので、だんじりと呼ぶそうです。

花冠(西町)
しるし 羯鼓(かっこ・諌鼓)
だんじり 花冠(かかん)
Dscf5208Dscf5210
二東・月鉾(鍛冶町)
しるし 月鉾(つきほこ)
だんじり 二東(にとう)
Dscf5216Dscf5217
三明(福居町)
しるし 三明幟山(さんめいのぼりやま)
だんじり 三明(さんめい)
Dscf5221Dscf5222
其神山・葵鉾(中町)
しるし 菊慈童(きくじどう)
だんじり 其神山又は葵鉾(きしんやま又はあおいぼこ)
Dscf5226Dscf5228
薙刀鉾(新町)
しるし 白楽天(はくらくてん)
だんじり 薙刀鉾(なぎなたぼこ)
Dscf5237Dscf5239
鉄英剣鉾(向島町)
しるし 日・月・扇(じつ・月・せん)
だんじり 鉄英剣鉾(てつえいけんぼこ)
Dscf5241Dscf5242
小蓑山(小玉町)
しるし 三社の託宣(さんしゃのたくせん)
だんじり 小蓑山(こみのやま)
Dscf5249Dscf5251_1
桐本(東町)
しるし 逆熨斗(さかさのし)
だんじり 桐本(きりもと)
Dscf5257Dscf5259
紫隣(魚町)
しるし 琴高仙人(きんこうせんにん)
だんじり 紫隣(しりん)
Dscf5263Dscf5267
写真をブログに載せるのに疲れてので、鬼はまた明日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

上野天神祭

本日は、三重県の伊賀忍者の国である伊賀市上野の祭りで、「国指定重要無形民俗文化財 上野天神祭」に行きました。
一月に忍者を見に行った時、だんじり会館なるものがありまして、、、。
http://isa-h.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/post_88bb.html
一度祭りを観てみたいと思っていました。
運良く仕事がヒマでして、行く事が出来ました。
Dscf5147Dscf5280
Dscf5288Dscf5281Dscf5287
何でこんなにポスターが沢山あるのか?
他にもまだありました。

行ってみたかった理由に、この人がいます、、、。
Dscf5183
ひょろつき鬼さんです!
背中にお寺の鐘を背負いまして、ヨロヨロ、ふらふら、歩きます、、、。
なかなか良いキャラクターです。
他にも色んな鬼達がいて、小さい子供の人気者?でした。

今日は祭り見物6時間程、、、。
あっちへフラフラ、コッチヘよろよろ、、、ひょろつき鬼さんの様に歩きまわったので、疲れました、、、。
明日また載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

ハロウィン

ちょっとハロウィンには早い(あと一週間)ですが、娘がカボチャに顔を書きました!
Dscf5145
ウチにはハロウィンの習慣は無いのだが、、、?
ナゼか顔が書いてあります。
コレとは関係無いが、僕の好きなバンド紹介します!
それは、、、ハロウィン!
http://www.jvcmusic.co.jp/helloween/
このバンドの中でカイ・ハンセンのファンでして、、、。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3
この男、ハロウィン結成から参加してるが、突如脱退しガンマ・レイなるバンドを作ったと思いきや、またハロウィンに帰って来たり、、、?(再び、、、?)
でも、ハロウィンにいるカイ・ハンセンが一番!
ハロウィンのサウンドはツインギターが売りと言える位素晴らしいです。
ジャーマンメタルの好きな人は一度聞いてみよう!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

三谷祭2

ブログのネタに困らない今日この頃、、、相変わらず祭りネタです!
昨日に続き、蒲郡の三谷祭です。

山車を写真に撮りまして、今度は神社前で奉納している所へ向かいます。
すると、何処かで見た事がある鯛を見つける、、、。
Dscf5068
知多は豊浜の鯛祭りが有名ですが、三河でも鯛を山車にしている所が他にもあります。
鯛を横目に先に進むと、、、。
Dscf5117Dscf5115
知多の山車祭りでは見る事の出来ない奉納が色々やっています。

三谷神社の入り口にいた船型山車は神社に上がる中間辺りに来ていました、、、。
Dscf5112
この船も水引と大幕も奇麗な物に取り替えられています。
チョット見学させてもらいます、、、。
Dscf5098
船のへさきには、、、。
Dscf5097
ウチの山車にもある、網や飾りが付いているが、その横に有るお手玉の固まりみたいなのは何でしょうか?
そして、とうとう船の中までノゾキ見まして、、、。(笑)
Dscf5101
ナゼか市松君も知っているスピーカーが搭載されています。
一通り船を見学しまして、その先へ向かいます。
次に見たのが、、、。
Dscf5109Dscf5111
七福神を発見!と思いきや、何か形相が違います。
いったい何方達なのでしょう?
そう言えば、下の広場に七福神がイナイ乗り物が放置?してあったなぁ〜、、、。
Dscf5128
いったい何処へ行ってしまったのか?
最後まで見つからず、、、。
そして、最後に見たのが、、、。
Dscf5106
顔を赤い布で隠した、中国の祭りで見る様な舞いの方達でした。

一通り奉納を見たら、少し風が出て来ました。
雨が降って来ると帰るのが大変なので、少し早いですが帰宅する事に、、、。
その前に、海中渡御の場所を見ていなかったので、海を見に、、、。
Dscf5131
もっと広い所を進むと思っていたが、半田市の亀崎と同じで海の中を動くのは狭い距離みたい。

さあ、海見た事だし、また15分かけて駅まで歩きましょう!
おっと!一つ気になった事が、いったいコレは何、、、?
Dscf5139Dscf5141神社幟の旗下の方に付いている、高山の「さるぼぼ」みたいのは何?
  
  
  
初めて見に行った三谷祭でしたが、イマイチ要領がつかめず、楽しめた?とは思うのだが、、、。
やっぱり、海中渡御を見れなかったのが残念かな、、、?
Dscf5133

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

三谷祭

秋まつり終盤、本日は蒲郡市の三谷祭に出かけました。
今まで一度も行った事が無かったので、行き方?と言うか、どんな所か分らない。
ラグーナに行く時に通る道にあるので場所は分るのだが、駐車場までは分らない?
蒲郡市のサイトで調べると、通行止めなどがあり、余計に分らない?
どうするか考えて、とある掲示板に相談、、、。
近くに駐車場はあるけど、通行止めや交通渋滞があるから、、、親切な地元の方から情報をもらい、車で出かけました。
でも、教えてくれた駐車場は、祭りのある地区の駅(三河三谷)から一つ前(蒲郡)の駅近くの駐車場。
この駐車場を教えてくれた方ありがとう!
なんと!日曜日は無料でした。

三河三谷駅に着くと、ロータリーには、、、。
Dscf5142提灯が飾られています。
この提灯の飾りは他の場所でも見られました。
また、結構この祭りを見に来る人がいるみたいで、僕の他にも見物に来た人達が駅にいました。

お祭りのある若宮神社まで、歩くこと15分、、、相変わらず出掛けたのが遅すぎました。
すでにメインの海中渡御(かいちゅうとぎょ)は終了していまして、神社に殆ど入っていました。
ところが、神社の入り口前で一艘の船型の山車発見!
なんか親近感が湧く、、、。
Dscf5049
でも、目的は大きい山車、、、。
Dscf5055
Dscf5070
海から上がったばかりなので、台輪部分が濡れています。
しばらく写真を撮っていたら、幕の交換を始めました、、、。
やっぱり海に入る時は良い幕を使わないみたいで、付け替えた山車の幕はきれいでした。
Dscf5126Dscf5124Dscf5122Dscf5120
その時に、山車の内部を見る事ができました。
な、なんと!山車の中、しかも真ん中にハンドルがぁ、、、。
Dscf5084
この山車は方向転換する時に、ハンドルを回す事でジャッキアップするらしく、重さ4〜5tある山車を簡単?に回せる仕組みに成っている。
Dscf5087
さあ!幕も奇麗に付け替えられたので、一輛づつ写真を撮る。
一応、左をビフォー、右をアフターで、、、。
Dscf5063Dscf5125
Dscf5075Dscf5123Dscf5074Dscf5121
Dscf5071Dscf5119
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幕と水引が変わるだけで違う山車に見えますねぇ〜。(笑)
今日はここまで、続きは明日、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

挙母まつり5

挙母神社から曳き出された山車達は、次のイベントの場所へ。
その道中でも、大量の紙吹雪をまき散らしながら町中を進んで行きます。
Dscf4985Dscf4986
次のイベント、八町の泣き別れ(山車の解散)をするために山車が集まって来ます。
Dscf4990Dscf4991
泣き別れの場所では、各地区の幟を持った人達が集まって、万歳!、、、。
Dscf4998
その横で、息子大喜び、、、?
Dscf5006
紙吹雪を手に取り、一体何を、、、。
Dscf5003
うぁ〜!やめてくれ〜!!
Dscf5004
とうとう攻撃されてしまいました。

泣き別れ最中ですが、ここで神社に戻って綿菓子買って帰る事にしました。
挙母神社に戻ると、まだ山車が一輛残っていました。
他の8輛とは別行動をしている宮前の山車でした。
ちょうど神社を出て行くところらしく、、、。
Dscf5008_1
まだ神社に人が沢山いるのだが、この山車を見る人は少なく、、、。
Dscf5009
同じ祭りをしているのに仲間外れされて?、それでもガンバッテいる地区を応援したくなります。
でも、相変わらず息子は、、、。
Dscf5011
紙吹雪に夢中、、、。
Dscf5014
最後には、姿も見えなく、、、。(笑)
Dscf5015
これにて、挙母まつり見物終了。
まだ夜もあるが、帰る事に、、、。

最後に、挙母まつりのポスターと挙母神社で配布していたパンフ、その横にあるのが、紙吹雪、、、。
Dscf4943Dscf5046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

挙母まつり4

今日も挙母まつりの続き。
とりあえず挙母神社に並んでいる全ての山車を、前から順番に写真を撮る、、、。
Dscf4925Dscf4927_1
Dscf4928Dscf4929
Dscf4930Dscf4931_1
Dscf4932Dscf4933
しかし、何でこんな並び方しているのか?
写真を撮るには非常に不便、、、。
Dscf4904_1
祭り関係者やら観客やら、人が多すぎて良い写真が撮れん!
諦めて曳き出しの時間を待っていると、何やら先頭の山車が不振な動き。
多くのカメラオヤジがカメラを上に構えて、何かを撮っています、、、。
Dscf4938
何を撮っているかと言うと、、、。
Dscf4935Dscf4939Dscf4941
巨大風船が、1つ、2つ、3つ、と膨らみ、山車を飛ばす気か、、、?
Dscf4945
これで準備OK!
後は山車が飛んでくのみ。(笑)
他の山車も、、、。
Dscf4947Dscf4948
上山の上に大量の紙吹雪と人が、、、。
全ての山車が、曳き出し準備OK!
Dscf4953
順番に先頭から曳き出します。
風船を付けた山車はどう成ったかと言うと、
曳き出しする時に爆発させませて(写真撮りソコね)クラッカーを一斉に、その後大量の紙吹雪をまき散らしながら出て行きます、、、。
Dscf4956Dscf4960
お次の山車は、前山の上に何やら筒を構えた人が、、、。
Dscf4961
何かと言うと、、、。
Dscf4962
紙吹雪のバズーカ砲でした。
こんな具合に全ての山車が、紙吹雪を兆大量にまき散らし、引き出されて行きます、、、。
Dscf4973Dscf4978
曳き出し見物後、町中でも見物です。
でも、今日はここまでです。
明日で挙母まつりの話しを終わります、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

挙母まつり3

さ〜て、お待たせしました!
ココログのメンテが終わり、本日から通常営業?です。
え〜と、何処まで行ったか?
ココの祭りは山車だけじゃなく、みこしや、巫女さんの舞い等いろいろ、、、。
Dscf4900
見るもの沢山ありますが、みこしの置かれている横で若い衆が、、、。
Dscf4901
赤いモヒカンがぁ〜と思ったら、チョンマゲがぁ〜、、、。
Dscf4903
山車祭りでモヒカンはよく見るが、チョンマゲは初めてみました。(笑)

若い衆が騒いでいるのを見ていたら、その近くで変わった山車を発見!
Dscf4897
山車?には七福神おどりと書かれています?
しばらくすると、おもしろい行列が、、、。
Dscf4898
な、なんと、七福神の中で唯一日本人の恵比寿さんと目があってしまった!(驚)
Dscf4899
これで今年も商売繁盛間違い無し!ってかぁ〜?
でも、この恵比寿さんは釣り竿持ってるのに鯛がイナイ!!
逃がした獲物は大きいってかぁ〜?
やっぱり、今年も儲からないのか、、、?
まあ〜いいか?今年も後2ヶ月チョットだし。(笑)

いろいろ見てたらお昼も過ぎて、、、。
Dscf4906息子には、お決まりのチョコバナナ一本!
その後、クレープにたこ焼き、カステラにべっこう飴、、、。
露店のハシゴ。
もちろんオモチャも購入。
帰りには、わたがしと甘栗を土産でした。

さて、明日も挙母まつりが続きます。
挙母神社曳き出しに入ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

ココログのメンテナンスがぁ〜

昨日は、挙母まつりの続きを載せる予定でしたが、使っているブログのメンテナンスがあることを忘れていました。(笑)
そのため、投稿出来ませんでした。(泣)
ところが、ブログのメンテナンス期間が明日の16:00までの予定に成っていたのだが、早く終了したらしく、、?
早く終わったのは良いが、コチラの準備が、、、。
それに、只今コチラのブログは、昨日の投稿が出来なかった人のアクセス集中!
なかなか繋がらず、写真等が載せれません。
と、言う事で、明日から再スタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

挙母まつり2

昨日の挙母まつりの話し。
現地近くの駐車場に到着したのが11時近く、、、。
すでに挙母神社に山車は到着してるハズ?
いつもながらに、出かけるのが遅いです!
今回の理由は、長男と二人だから、、、。

駐車場の近くの交差点、、、。
Dscf4882
紙吹雪が散乱してます。
おっと!こちらの家は駐車場が紙吹雪対策、、、。
A1
銀行などの店先にある垣根にビニール等で紙吹雪が入らない様にしてありました。

しばし歩きまして、挙母神社に到着。
境内入り口横に山車を一台発見、、、。
Dscf4886_1市松君がコメントしてた宮前の山車です!
何故か挙母神社に集まる8輛とは別行動している山車で、平成生まれの立派な山車です。
でも、1輛だけ仲間外れの様で可哀想な感じです。
ちなみに、台輪の先に彫られている木鼻は、半田市の亀崎にある「朝倉堂」の間瀬さん(ウチの山車の脇障子など彫ってもらってます)の作です。
  
さて、境内に入ると、、、。
Dscf4887_1
紙吹雪で地面は見えなく成ってます!
ふっと横を見ると、、、。
Dscf4888やや大きめの提灯があります。
ウチの地区でも提灯台を作るらしいですが、これ位のを作ってくれると良いのだが?(笑)
大工さんに注文したら怒るだろうなぁ〜?
その前に提灯が高すぎて買えないか、、、?
  
  
  
  
  
さあ!鳥居をくぐって山車見学です、、、。
Dscf4890
ココの山車の最大の特徴は、、、?
Dscf4891
梶棒が前は無くて、後ろのみ湾曲して台輪から伸びています。
前はと云うと、、、。
Dscf4894知多型と同じ様に前山は有るのだが前壇が無くて、舞台(ぶだい)と呼ばれる大きな台が付いていて、その上には前綱がグルグル巻かれています。
昔は、この台の上で子供歌舞伎を披露していたそうです。
  
  
  
  
  
  
木輪(はま)には変わった金物が、、、?
Dscf4922
何度か見ている山車ですが、今頃気づく、、、。
使用方法が解りません?
大幕は、殆どの山車が奇麗な刺繍です、、、。
Dscf4895_1Dscf4920
Dscf4918_1Dscf4915
山車の見学をしていると、お囃子の披露をしてました、、、。
Dscf4907
ウチの地区も、隣区のからくりに対抗して昼間の八幡社で披露したら良いかも、、、と思ったりして、、、?

一通り山車を見学したので、境内をウロウロすることに、、、。
この先は、また明日、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

挙母まつり

豊田市の中心部、挙母(ころも)神社に山車が集まる挙母まつりに行って来ました!
Dscf4896_1
この祭りの写真で、一番良く見る定番位置から写真撮りました。
今日は、長男同伴だったので疲れました、、、。
と、言う事で、明日レポートします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

秋まつり中盤

秋まつりシーズンも中盤戦に成りました。
毎週の様に何処かで祭りがあるので、楽しいです!
明日は何処へ行こうか?
名古屋まつり山車揃、豊田の挙母祭り、、、。
う〜ん?
どっちへ行こうか?
そう言えば、高山祭りもあったなぁ〜、、、。
でも、チョット遠いし、やっぱり豊田かなぁ〜?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

終わったぞ!

牛フン乾燥場の現場、本日を持ちまして見事終了いたしました!(大喜)
P1000007_6
でも画像でみると、仕事する前と変わらない感じで、やりがいの無かった仕事でした。
明日は、強烈に牛フン臭く&フンだらけに成ったトラックや、道具達を掃除しなくては、、、。
近づくだけでも臭いです!
しかし、トラックのエアコンは臭うんだよなぁ〜。(泣)
エアコンのスイッチを入れた途端に、モワ〜ンと牛フンの匂いが漂ってきます。
しばらくは窓全開で放置です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

やっと終わる、、、。

やっと明日で牛フン乾燥場のレール修繕工事が終わります!(喜)
P1000013_2
画像は工事初めて3日目位の状態です。
オレンジ色の部分が修理出来た所です。
P1000010_1
レールを下の板と切り離し、間に鉄板を数枚重ねて高さを水平にしてます。
しかし、何でこんなに高さがおかしいのか?
地盤が悪くても、こんなにヒドイのは変です。
隣の乾燥場も機械の動きが変、よく見ると、、、。
P1000001_12
車輪の爪がレールに乗り上げ、半分レールからズレて今にも落ちそうです。
これじゃあ、こちらも時間の問題、そのうち脱線です。
いずれまた修理依頼が、、、。(泣)
と、思ったら昨日、機械の修理屋さんが車輪を幅の広い物に変えていました。
これでダメだと依頼が来るかも、、、。(泣)

ちなみに、コチラが依頼主の牛さん達、、、。
P1000011jpg
みなさん美人ぞろいです!(笑)
もうすぐで修理終わるから、気兼ねなく大量のフンしていいぞ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

紅葉無し

先日の足助まつり、せっかくココまで来たのだから香嵐渓でも見て来るか?と行ってみたのだが、、、。
Dscf4798_1Dscf4799Dscf4801_1Dscf4797
紅葉まではまだまだ先でして、モミジの葉っぱも、、、。
Dscf4802
全く紅葉無し。
なのに、大勢の観光客が香嵐渓に来ていました。
今年の紅葉ドライブは何処に行こうか???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

足助まつり(解体?)

先日の足助まつりで、鉄砲が始まる頃に山車を見に行くと、ナゼか彫り物などの飾りを取り外している所だった、、、。
Dscf4823
まだ祭りは終わっていませんが、どの山車もだんだん飾りが減って行きます、、、。
Dscf4824Dscf4827_1Dscf4862
Dscf4828_1Dscf4831Dscf4861
とうとう上山の中にあった小屋根が無くなりました。
ちなみに小屋根はこんなだった、、、。
Dscf4805上山の飾りが取り終わると、何やら縄で四本の柱に縛り始めました、、、。
Dscf4867
理由は、山車が帰る時に上山でも踊れる様にするためらしい、、、。
しかっりと縄で転落防止を作った訳です。
最後に山車前の演台に和ロウソクを付け、提灯をつければ完成、、、。
Dscf4872
僕はココまで見物して帰ったので、帰りの写真はありません。
来年時間が取れたら、ゆっくり泊まりで行こうかな?
でも高速道路が出来たので、家から1時間15分と以前の半分以下の時間でいけるんだよなぁ〜、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

足助祭り(鉄砲)

昨日、足助まつりメインイベント?の鉄砲見て来ました。
各地区から鉄砲持った人が集まって、八幡宮の境内で鉄砲を撃ちます。
Dscf4820Dscf4822
発砲所に「おっさい、おっさい」とかけ声しながらやって来ます。
Dscf4843
ぐるりと円をつくり、鉄砲の準備に入ります。
まずは、火薬を詰めまして、、、。
Dscf4832
次に、火薬を棒で突っつき固めます、、、。
Dscf4833
それから、点火口に火薬を少々、、、。
Dscf4836
種火を点けて、、、。
Dscf4837
最後に、種火を点けた棒をグルグル廻し、発射準備OK!、、、。
Dscf4839
拍子木の合図で、順番に発射!
Dscf4840
Dscf4841Dscf4842
全員撃ち終えると「おっさい、おっさい」のかけ声を出して、次の発砲所へ移動します。
これを境内の発砲所で何回も繰り返します。
鉄砲が始まる前から観客のあちらこちらで、もの凄い音だから耳をふさいだ方が良いといっていました。
そんな事は当たり前じゃん!と思っていたら、桁違いの爆音でした。
特に大きい鉄砲の音は凄かった!
お腹の芯まで響いて来ます!!
見物していて、点火口がこっちを向いた時なんか、爆発した粉が飛んで来て少々痛い、、、。
事前に危ないので気を付けてと忠告されてしまいました。
一応、動画も載せときます(AVI形式)が、音の臨場感は現地体験じゃないと無理です。
鉄砲をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

足助まつり

香嵐渓で有名な「足助まつり」に行って来ました。
Dscf4803
本当は朝から見に行きたかったのだが、午前中は仕事でして、到着したのが2時半頃、、、。(泣)
既に山車は八幡宮横の駐車場に放置?です。
Dscf4783
この後しばらく(6時まで)この状態、、、。
仕方が無いので、山車だけ写真撮りました。
Dscf4796Dscf4793Dscf4794_7Dscf4795
朝から来ていれば、山車の前に付いている演台?で、若衆が「おっさい、おっさい、、、」と言いながら踊っている所が見れたのだが、夜に山車が帰るまで動かないので見れません。
でも、ココの祭りは他にも行事がありまして、、、。
それは、鉄砲です!
とりあえず、コチラは明日のブログに、、、。

鉄砲を見た後、山車が動くまで待っていたが、明日も仕事だし、帰りが遅くなるので諦めて帰りました。
でも帰り際に、まだ動かない山車に子供が乗って、若衆のマネして踊ってました。
Dscf4870Dscf4875
まあ〜また機会があれば来年見に行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

中秋の名月

今夜は天気も良く、外が明るいです!
ふと思えば、中秋の名月です。
と云う事で、写真を撮ってみました、、、。
Dscf4756_1
う〜ん?
風が吹く寒い中でチャレンジしてみたが、所詮コンパクトデジカメでは、ただの点にしか写せませんでした。(泣)
本当はこんなのを期待したかったのだが、、、。⤵
Photo0003
一眼レフなら可能なのだが、、、?
試しに自分の撮ったのを拡大してみました、、、。
Dscf47561
やっぱりただ明るいだけで、餅つきウサギさんは現れませんでした!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

ウンコまみれ

ここ3日程仕事で行っている現場は、牛のウンコを乾燥させる機械のレール修理です。
P1000005_1
ウンコをかき混ぜる機械が途中で脱線するらしく、調べてみたらレールの高さが悪かった様で、、、。
レールを一度外して、高さを揃えてかさ上げします。
口で言うには簡単ですが、一日に精々10mのレールを3本直すのがやっと、、、。(泣)
全長が100m以上あり、3列直さなければ成りません。
まだ、一週間位掛かるかも、、、。(泣)
毎日仕事から家に帰ると、真っ先にお風呂です。
だって、全身が牛のウンコまみれです、、、。(大泣)
鼻をかむと少しばかり茶色い、、、。
あ〜もうイヤです!
明後日には、片側にウンコ投入されます。
その後、毎日ウンコ運び込まれまして1mづつ先に進んできます。
ウンコが進む早さよりも早く終わらせないと、ウンコが近づいて来ます、、、。(泣)
明日は長男と長女の運動会です。
また今年も応援しに行けません。(泣)
も〜たすけてくれ〜!!
ちなみにコチラが、稼働中のウンコ乾燥場⤵
P1000006_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

安倍内閣メールマガジン

今まで送られて来ていた小泉内閣メールマガジンhttp://isa-h.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_2087.htmlが終わって、今度からは安倍内閣メールマガジンが始まるそうです。
でも、なんだか今までと違って読む気がしない。
小泉さんほどインパクトが無いせいだろうか、、、?
[こんにちは、安倍晋三です]と云うタイトルからしておもしろく無い。
ちなみに小泉さんのタイトルは[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]でした。
メールの配信を中止しようかとも思ったが、とりあえずは読まずにフォルダーの中に放り込む事に、、、。
いずれ読みたくなる様な総理大臣に成ってくれる事を望みます!
安倍内閣メールマガジンの配信希望の方はコチラへ、、、。⤵
http://www.kantei.go.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

風邪?

う〜ん?
どうも喉の具合が、、、?
風邪かなぁ〜?
なんか眠たいし、、、。
たまには早く寝るとするか、、、。
て、事で、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

ミステリーサークル?

さて、この痕は何でしょう?⤵
Dscf4631
先日の津島の秋まつりで見つけたサークルです!
答えは、車切を終え山車が行ってしまった痕跡です。
ココの祭りの山車はグルグル回るののが大好き?
Dscf4619山車が車切をする所に来ると、最初に穴ボコを探します。
理由は、山車の方輪を穴ボコに入れるため、、、。
穴ボコに入れた方の輪を軸にグルグル、グルグル、、、。
上手い具合にだしが回転してくれます。
  
  
  
  
  
それでもダメな時は、、、。
Dscf4626Dscf4627
軸輪の方にハコ乗りしてます。
上手く安定した回転が出来ると、ハコ乗りがいなくなりまして、グルグルグルグル、、、。
Dscf4630
見事、成功した暁にはミステリーサークルの出来上がりです。

ココの祭りで驚いたのが、、、。
Dscf46441後舵を女の人がガンバッテいます。
この地区の参加人数が少ないからなのか分りませんが、これもなかなか良い感じに思えます!
いずれは僕の所の祭りにも、後舵女方が出来ると良いかも、、、?
でも、ウチの所の山車では、決してミステリーサークルは出来ないだろうなぁ〜。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

階段手摺の取り付け

先週製作した手摺を、本日取り付けました。
P1000001_11
P1000003_6P1000004_3
取り付けはバッチリ成功!
まあ〜こんなものかなぁ〜なんて思います。
でも、僕の設計じゃないから良いけど、イマイチ気に入らない様な、、、?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

尾張津島 秋まつり

最悪の天気の中、津島の山車を見に秋まつりへ、、、。
山車にカッパが被っていて、ちょっとショック!(泣)
でも、こればかりは仕方ありません、、、。
Dscf4661
写真には一輛到着してませんが、からくりが始まる頃に到着したため、全部揃った所を撮り損ねました!
ココのメインイベントは、「どんてん」、、、じゃなく、「車切(しゃぎり」です。
津島駅前にて、しゃぎり大会見物です。
最初に5輛、次に6輛が披露、、、。
山車の前舵を持ち上げて、グルグル、グルグル、まわる、まわる、、、、。
一旦車切が始まると、なかなか終わりません。
Dscf4682
動画はコチラ⤵
「車切大会を」ダウンロード
ダウンロード少しおもたいです!
動画が見れなかった人ゴメンなさい、、、。(AVI形式です)

しゃぎり大会終了後、一台ずつ津島神社に向かいました。
Dscf4673Dscf4674Dscf4675
Dscf4676Dscf4678Dscf4686
Dscf4687Dscf4688_2Dscf4689_1
Dscf4690_1Dscf4691_1Jpeg
  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »