« 休日仕事 | トップページ | 下半田祭礼4 »

2008年6月 2日 (月)

広報掲載第2弾

武豊町の広報ですが、ウチの山車の第二弾を掲載しました。
第一弾は山車紹介。
今回は彫刻と幕に成ります、、、。
Img061
ちなみに写真は僕が提供しました。(笑)
同じ写真をカラーで載せましょう。
でも、広報担当者は必要な部分だけ切り取り載せていますが、僕はそのまま載せます。
懸魚、、、。
Dscf0847
前山蟇股、、、。
Dscf0846
脇障子、、、。
Dscf0818Dscf0817
壇箱、、、。
Dscf0206
蹴込み、、、。
Dscf0820
堂山側面、、、。
Dscf0218
今頃気がついたが、大事な力神を載せてもらうのを忘れてしまった!
特別サービス、、、。
Dsc_0170Dsc_0171
オマケ、、、。
Dscf0864
力神の背中です。

|

« 休日仕事 | トップページ | 下半田祭礼4 »

「祭り」カテゴリの記事

コメント

この広報を読んで思い出したのですが、
彫刻を新調したのは、前に付いていたものが破損したからでしょうか?
それとも、もっと立派なのに変えたい、という意見がでたからでしょうか?
彫刻が付いてない部分に追加で取り付けするという話はよく聞くのですが、
元々彫刻が付いているのにそれを変えてしまう理由を教えていただけませんか?
ここで書くのは好ましくない場合は、お会いしたときに教えてください!

投稿: 梶庄 | 2008年6月 2日 (月) 午後 11時44分

以前付いていた彫刻は多少の破損はありますし、修理の痕跡もあります。
まだまだ修理すれば十分使えるハズです。
外された彫刻類は、今では木箱へ無造作に放り込まれています。
当時の区会議員の決定で、はっきりとした理由は知りません、としかココでは言えませんが、僕は昔の彫刻が気に入っています、、、。

投稿: いさ | 2008年6月 3日 (火) 午前 08時00分

 こんばんは。
 天王丸の彫刻が一部変わったのは、第2回武豊ふれあい山車まつりの時ですね。
 その年は春祭りも見に行きましたが、その時は従来の彫刻を付けていました。
 そして半年後、山車まつり会場に姿を現した天王丸を見て彫刻が一部変わっていたので驚いたことを覚えています。
 さてこの広報は今日の時点では、まだ常滑市立図書館に入っていません(常滑市の図書館は、武豊町の広報が入るのが遅いですから・・・)。
 ちなみに常滑市の図書館では、半田市・東浦町以外の知多半島の各市町の広報を閲覧することが出来ます。
 後私は年に数回半田市・知多市・武豊町の図書館に足を運びますが、そこでも全てではありませんが知多半島の各市町の広報の閲覧が可能です。

投稿: 烏骨鶏 | 2008年6月 3日 (火) 午後 07時14分

烏骨鶏さんは良く見てなさる。
なかなか詳しいですね。
第2回武豊ふれあい山車まつりの時ですが、新しく付けた彫刻と、山車前に置かれる文化財看板が修正されていませんでした。
その後も区会の誰もが気がつかず、僕が数年後に指摘して2年後に書き直されました。

図書館にはメッタに行きません。
以前行ったのは、たしか3年前、張州雑志を見に美浜町図書館に行ったのが最後かな?
ちなみに武豊町図書館、この本が置いてありません。

投稿: いさ | 2008年6月 3日 (火) 午後 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/21366329

この記事へのトラックバック一覧です: 広報掲載第2弾:

« 休日仕事 | トップページ | 下半田祭礼4 »