« ラグナシアで泳ぐ | トップページ | 若宮まつり »

2008年9月 9日 (火)

亀崎潮干祭(後の日7)

潮干祭り、最後の曳き廻し、、、。
Dsc_3747
これから各山車は鞘蔵へ帰路につきます。
西組から順番に、、、。
Dsc_3748
田中組、、、。
Dsc_3750
中切組、、、。
Dsc_3752
石橋組、、、。
Dsc_3755
各組の四輛は帰って行きました、、、。
Dsc_3758
残るは一輛、東組だけは違います、、、。
Dsc_3759
鞘蔵がココから目と鼻の先、近過ぎるので帰りません。
神前神社前を曳き廻す、、、。
Dsc_3762
でも、ここからが余興の時間?
少し様子が変わります。
看袢がぁ〜、、、。
Dsc_3764
前梶がぁ〜、、、。
Dsc_3765
後舵もぉ〜、、、。
Dsc_3766
なかなかオモシロイ!
曳き廻せるか、、、?
Dsc_3772
なかなか動きません、、、!



やっとこさ動いて、神前神社奉納へ、、、。
Dsc_3781
Dsc_3783
Dsc_3787
辺りは暗く成り、前棚人形の三番叟が始まりました、、、。
Dsc_3796
Dsc_3801
二回目の三番叟、、、。
Dsc_3803
おっと師匠さんでしょうか?
動きが、、、。
Dsc_3804
おおざっぱと言いましょうか?
異常なリアクション、幕に隠れず人形よりも前に出て来ています。
観客も見ていて楽しい、、、。
Dsc_3808
大余興も終り、そろそろ鞘へ帰ります。
おぉ〜〜、、、!
Dsc_3810
この日一番の大量紙吹雪。
上山人形の湯取り神事でチョロチョロしか使わないのに?
ここへ来て大量放出!
からくりで余った分を使っているのかと思ったら違うみたいです。
ここ最近、このためだけに紙吹雪を多めに作っているのだとか?
それにしても量が異常です!(笑)
さぁ、紙吹雪が終わったので曳き出されます、、、。
Dsc_3815
Dsc_3819
あっと言う間に鞘蔵到着、、、。
Dsc_3823
追幕と吹貫を降ろすと鞘へ、、、。
Dsc_3830
さて、駐車場への帰り道、各組の前を通って帰ります。
石橋組、、、。
Dsc_3832
やっぱり山車は鞘の中。
中切組、、、。
Dsc_3837
記念撮影しています。
そして扉が閉まる、、、。
Dsc_3838
Dsc_3839
でも横は開いている、、、。
Dsc_3840
田中組、、、。
Dsc_3841
こちらは完全に終わってる。
西組も終わって、、、。
Dsc_3842
これにて亀崎の潮干祭りは終了です。
あぁ〜長かった!
お終い。

|

« ラグナシアで泳ぐ | トップページ | 若宮まつり »

「祭り」カテゴリの記事

コメント

いつも自分の組の車を曳いていくので、東組がどのようなことをしているかは知りませんでした。こうなってたんですね~。石橋・田中は同じ通りを通りますしウチの事務所から見えますからわかるんですけど、東と西が謎でした。

投稿: 梶庄 | 2008年9月11日 (木) 午前 12時19分

いつもは四輛の後をついて行きますが、今回初めて東組を見ていました。
来年は少しばかり組を抜け出して東を見に行ってみましょう。
三番叟、なかなか面白かったですよ!

投稿: いさ | 2008年9月11日 (木) 午前 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/23627041

この記事へのトラックバック一覧です: 亀崎潮干祭(後の日7):

« ラグナシアで泳ぐ | トップページ | 若宮まつり »