« 足助八幡宮例祭 | トップページ | 鳴海表方祭礼 »

2008年10月15日 (水)

足助八幡宮例祭2

宮入、、、。
Dsc_5586
出役棚はこう成っています、、、。
Dsc_5591
収納中、、、。
Dsc_5592
Dsc_5593
Dsc_5594
上山、、、。
Dsc_5603
中央に、、、。
Dsc_5604
知多型と違い前山が上山の中にある。
コレ、夕方近くに成ると外されてしまいます。
ゴマ、、、。
Dsc_5607
かすがいで組まれている。
何人乗っている、、、?
Dsc_5617
3階建で、お囃子は一階で演奏。
奉納中の後方、、、。
Dsc_5635
屋根は、、、。
Dsc_5637
真ん中が空いている?
宮入&お囃子奉納が済んだところから順に、、、。
Dsc_5646
八幡宮隣りの支所に移動整列。
これから夕方まで山車は動きません!
神前で棒の手が始まる、、、。
Dsc_5653
あっ、おひねり忘れた、、、。
Dsc_5654
スグに鉄砲も始まる、、、。
Dsc_5678
爆音が響く、、、。
Dsc_5683
着火、、、。
Dsc_5690
ズドン、、、!
Dsc_5694
近くで見れる場所では2m程の至近距離で発砲。
迫力満天ですが、鼓膜が痛い。
気を付けないと危ないです。
さぁ、まだまだ鉄砲隊の発砲が続きますが、ちょっと名古屋の鳴海を覗きに行きます。
他にも動画が見たい人はバックナンバーをさかのぼって探して下さい。
次回のブログは鳴海を掲載、その後は足助の帰り車を載せます。
つづく、、、。

|

« 足助八幡宮例祭 | トップページ | 鳴海表方祭礼 »

「祭り」カテゴリの記事

コメント

山車の構造を見ると、やっぱり三河北部の山車に多い上山の柱が6本タイプですね。塗りも古い形態で、かなり年代モノのようですね。
来年は観にいけるかな~、でも鳴海も・・・。

投稿: 楫庄 | 2008年10月18日 (土) 午前 12時36分

この山車、240年前ぐらいから存在しているみたいですよ。
驚きは、あの大きな山車(7m弱)を試楽祭当日の午前中に組み上げ、午後から曳き廻しが始まる。
今度は土曜日に見に行きたいと思っています。

投稿: いさ | 2008年10月18日 (土) 午前 12時56分

午前中に組み立てて午後から祭り?
われわれが組上げしている感覚からすると、午前中に組上げ完了は何とかなるとしても、そのまま午後から祭りというのはちょっと大変すぎますね。
体力持ちません。

投稿: 楫庄 | 2008年10月18日 (土) 午後 11時55分

曳き廻しは2時からお祓いした後始まる様です。
なので試楽祭の曳き廻しは短いかな?
本楽も昼から夕方まで曳き廻しが無いので、僕からすると物足りない気がします。

そうそう、11月2日の祭り、僕も行けそうなら見に行きますよ!
八幡社の場所が分かりますか?
分から無かったらメールで地図を送りますよ。

投稿: いさ | 2008年10月19日 (日) 午前 12時08分

山海の祭礼ですよね。
多分知っているとこだと思いますので大丈夫です。
私は午後から行く予定です。

投稿: 梶庄 | 2008年10月20日 (月) 午前 12時02分

梶庄さんはバイクだから駐車場に困らないですね。
僕は勝手に知り合いの土地に駐車します。
ここ、すご〜く近い場所。(笑)

投稿: いさ | 2008年10月20日 (月) 午後 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/24526794

この記事へのトラックバック一覧です: 足助八幡宮例祭2:

« 足助八幡宮例祭 | トップページ | 鳴海表方祭礼 »