« 駅伝シーズン到来 | トップページ | オアシス21&テレビ塔 »

2008年12月 7日 (日)

駅伝と応援

今日は第70回東海学生駅伝対抗選手権が知多半島で開催されました。
家の前を走って行くので少しだけ応援です。
来ました、、、!
Dsc_6477
先頭車両の規制開始の車です。
最初は女子が通過、、、。
Dsc_6480
まだ2区の走者なのですが、女子は集団がすでに無い。
しばらくして男子が来ました、、、。
Dsc_6485
道路反対側から見ていたので車が邪魔です。
ランナーと反対方向の車線なのに渋滞しています。
ドライバーも気に成るのかスイスイ走っては行かないのでカメラのシャッターが切れません。
トップ集団、、、。
Dsc_6486
あちゃ〜失敗。
もういっちょ、、、!
Dsc_6487
ありゃ〜ボケてしまいました。
結局良い写真は写せず、走って行ってしまいました。(泣)
さて、今年も昨年同様に応援団が来てました、、、。
Dsc_6475
愛知教育大の応援団さん達です。
必死の応援、、、。
Dsc_6482
なんか一番左の人の笑みが笑えます。
応援の成果は、、、?
Dsc_6488
選手に届いたでしょうか?
結果はコチラに載っています。↓
東海学生陸上競技連盟

|

« 駅伝シーズン到来 | トップページ | オアシス21&テレビ塔 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自宅近所をランナーが走ると応援したくなりますよね。女子は2区でも既に差が付いていたようですね。
ちなみに、この大会は東海学連が主催なので我々大人(愛知陸協)はほとんど審判を依頼されないのですが、審判長の稲垣さんという人は愛知陸協の幹部です。2日連続で大きな大会の役員で大変だったと思います。

投稿: 梶庄 | 2008年12月 7日 (日) 午後 10時47分

すみません、コメント返すの忘れてました!

ちかくで見れるのは良いですが、参加チームが少ないのでアッと言う間に通り過ぎて行きます。
応援団も自分のところが通過すると移動してしまいますし、知多半島の先まで応援しに行きたく無いです。
こう云うコースの審判って、どのようにチェックしているのか?
選手が行ってしまっても、チェックシート片手にしばらくウロウロしている学生も、、、。
どのように運営しているのか?
審判って大変そうです。

投稿: いさ | 2008年12月 9日 (火) 午後 02時54分

審判はかなり分業されています。
コースに立つ走路員は決められた場所に立って、沿道の人が前に出ないように、かつ選手の様子をチェックします。
車に乗る審判は審判長とか監察と書いてある車に乗って、コースを走ります。
あとは救護者とか。中継点にも審判がいます。ロードレースは長いコースを走るので、車に乗る審判以外は自分の担当地点を離れれることはまず無いです(選手が通り過ぎたら仕事は終わり)。

投稿: 梶庄 | 2008年12月 9日 (火) 午後 11時51分

なぁ〜んだ、選手が通過したら仕事が無いんですね。
それでユックリしてたのか。
そう思うとアンカー地点の審判はつらいですねぇ〜。

投稿: いさ | 2008年12月10日 (水) 午前 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/25997671

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝と応援:

« 駅伝シーズン到来 | トップページ | オアシス21&テレビ塔 »