« 靴を買いました! | トップページ | 修理部品取り付け »

2009年3月13日 (金)

古本17円

アマゾンで古本を買いました!
半年ほど前、別に買うつもりも無くカートへ放り込みました。
その時は31円だったかな?
定価は2,800円するんですよ!
古本だからと言ってそんな値段で良いのかと?
ところが先日、ふと気がついたら17円に値下げされていました。
それでも買うつもり無かったのですが、他の物を買うついでに購入です。
しかし、本は17円でも送料が340円。
なんか変な感じ、そう思っていたのですが発送準備のメールが届いて驚いた!
なんと、購入した店が半田市の亀崎です。
古本屋が亀崎にあるとは知りませんでしたよ!
ココなら自分で取りに行った方が早いし、送料が掛からないなぁ〜と思い、ちょっと店を調べてみました。
ところが、お店は無いみたい?
地図を確認しても普通の民家の様です。
結局本が届くのを待ちました。
待つ事2日で届きました、、、。
Dscf6211
「からくり人形の宝庫」持っている人は居るかな?
なんとこの本、著者のサイン付き、、、。
Dscf6212
まぁ〜買う前から本の状態に書かれていましたから分かっていたりします。
でも、本を開いて驚いたことがもう一つ。
こんなモノが挟まってました、、、。
Dscf6213
この本を買った人、出版記念会に行ったのかな?
会費が一万三千円と成っています。
本代込みだから参加費は一万円か?
ちょっと高いぞ!
まぁ〜名古屋のホテルを借りてるからかな?
僕が誘われたら即刻却下、絶対に行きませんね。
あぁ〜そうそう、この本まだアマゾンで有りますよ!
最安値は18円ですが、僕が買った店は有りません。
欲しい方はお早めに!(笑)

|

« 靴を買いました! | トップページ | 修理部品取り付け »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「祭り」カテゴリの記事

コメント

教えていただいた○○情報をみて、唖然というかやっぱりというか・・・
このメンバーなら仕方ない!というか(怒りを込めて・・・)

お祭りとかフェスタとか、イベントの時によく町を歩いてます。腕章なんかをつけて、人通りの多いところを選んで、といったら語弊があるかもしれませんが。
「青少年のための健全育成」なんかを目的に啓発活動を中心に活動している委員会ですね。

いくつものいろんな肩書きを持つ偉い人たちが構成メンバー、ということはゴミ箱化した「有害図書はここに入れてください」なんて書いてあるアルミ製の箱は無意味な存在でしかない、ということ。

だって、溢れているから片付けてと苦情がきたら、この委員会の事務局を担当している末端市役所担当職員が現場に出向くことでしょう。
委員会メンバーは、(言い方は悪いけど)自分たちが設置したはずの「箱」が置いてある最前線現場には行きませんよね。

「有害図書を入れましょう、そのための箱を設置しました!」というメディア向きのPRの時は全員揃ったことと思いますが・・・

置いたものの後の管理ができてない、ということ。
結局、あれもこれも行政は何やってるんだ!と言われる非情な世界・・・ですね。

こんなこと伊賀では書けないので、ここまで来ました(笑)

投稿: くノ一 | 2009年3月13日 (金) 午後 11時40分

あのね、私にとって「よそ者」というのはすごく思い入れがあるんです。
ずっとこの地域しか知らない人間にはわからない、いいこともわるいことも教えてくれる存在が「よそ者」。

まちづくりの世界では、「よそもの・ばかもの・わかもの」こそが必要ってことを言いたかったんです。

例えば、○ンピ○を何とか残したい!と一生懸命に取り組んでくださった人も実は「岸和田」の人。お祭り大好きな人。そして、伊賀が大好きな人。
なんで「よそ者」の人が「伊賀のために頑張ってくれる」のかと思うと、「伊賀のいいところ」いっぱい教えてくれるんです。私たちってこんなところに住んでたんだって、気付かされる。

だから、いささんにもいろんなこと教えてもらってる、それが嬉しい・・・

投稿: くノ一 | 2009年3月13日 (金) 午後 11時57分

すみません、余計な事を書いてしまったかなと思ってました。
内容は違えど伊賀と同じ様な事は何処でもあると思います。
何かを言えば白い目で見られる世の中、大変でしょうが誰かが言わねば世の中変わりませんよ!
小さな努力がやがて木に成り花と成る〜なんて、気の利いたお声かけ出来ませんが頑張って下さいね。

こんなこと伊賀では書けないのでって、何書いても良いですが、リンクが繋がっていますよ。
辿って来られても大丈夫ですか?
まぁ〜伊賀から見に来た方達のドメインぐらいなら分かりますから犯罪には繋がらないでしょうけど。
なぁ〜んって事を書くと余計に警戒されるかな?

投稿: いさ | 2009年3月14日 (土) 午前 12時11分

ぼちぼち限界を感じてるのは事実で・・・
あれもしたい、これもやらねばって、きっと欲張りなんでしょうね。
的を絞ってがんばらないと潰れてしまいますね。
わかっちゃいるけど、やめられない・・・(笑)
でもね、明るい話もあるんですよ、そのうち報告しますからね(ブログが続いていたら・・・)待っててね。
「もう一度、伊賀に行ってみたい!」と思っていただけるように・・・

投稿: くノ一 | 2009年3月14日 (土) 午前 12時40分

いや〜、伊賀は良い所ですよ!
上野天神祭、400年でしたっけ?
変わらぬ祭りがソコにあるかぎり〜。(笑)

投稿: いさ | 2009年3月14日 (土) 午前 12時46分

祭 バンザイ!
祭りがあってよかった。
高虎様に感謝しないと・・・

からくり人形 見たい!

投稿: くノ一 | 2009年3月14日 (土) 午前 01時08分

からくり人形が見たいですか?
でも、ウチの山車には無いんですよねぇ〜。(笑)

今年はウチの町も半田に負けじと10月11日に11輛が出揃います(今度で4回目)。
からくり搭載している山車も少ないですが有りますよ!
でも、上野天神祭直前だから見に来るのは大変かな?

投稿: いさ | 2009年3月14日 (土) 午前 01時28分

連休ですね、用事を作らないようにしないと・・・ね。
おやすみなさい

投稿: くノ一 | 2009年3月14日 (土) 午前 01時35分

連休ではありませんよ!
自営業は会社員と違いますから、日曜日以外は休んでられません。
たまに会社員が羨ましく思う時も有りますが、この不景気、いつ首を切られるかとビクビクしているよりは安心かな?
でも、仕事が少なく暇です。
来週は猛烈に忙しいですが、再来週の仕事は?だったりします。

投稿: いさ | 2009年3月14日 (土) 午後 09時02分

どこからどう狂ってしまったのか、100年に一度の最悪経済状況だとか・・・
まだまだ実感として感じられないのは、不幸中の幸いなのかな。

そんな中、新しい店を作ろう!という動きは相当な覚悟がいると思われます。
それでも「何かに挑戦したい!」という人たちが現れそうなので、後方支援をしようと思う。

時折報告しますから、いろいろ教えて下さいね。そういえば、Cafe wakayaの改装の時もいろいろ教えてもらったな・・・
今度は、築100年の「うなぎの寝床」町家です。

投稿: くノ一 | 2009年3月15日 (日) 午前 12時47分

この本なら出た頃に書店で買いました。
本文内で間違っている箇所がありましたよ。探してみてください。
で、これを売った亀崎の人って?

投稿: 梶庄 | 2009年3月15日 (日) 午前 01時03分

くの一さん
築百年は凄いですね。
殿程度改築されるのか分かりませんが大変な事は確かです。
ボロボロだった家が奇麗に生まれ変わるさまは見ていて楽しいですよね。
ウチもたまに改築の仕事でスジカイや補強柱などの工事がありますが、取り壊して新築した方が良いんじゃないの?なんて思える様な事があります。
そんな家の施主さんの殆どは、その家に愛着があったり店舗に改築して営業されたり、古き良き建を利用する事を楽しんでおられます。
ヤル気のある家、思いっきり応援してあげた下さい。
何かが変わり出す一歩に、、、。

投稿: いさ | 2009年3月15日 (日) 午前 08時40分

梶庄さん
間違いは多いですね。
本にはシールで訂正されたのがあちこち貼ってあったり、小さな紙に正誤表が挟んであります。
まだ殆ど読んでませんが、言ってる意味不明なところも、、、?
祭りの本を作るのは難しいでしょうね?
色々調べたり地元に向かって調査したり、見た事聞いた事が頭の中で整理してないとアッチの祭りやコッチの祭りがゴチャゴチャに、、、。
インターネットが普及する前は情報も少ないですから、まぁ〜多少の間違いは大目にみてあげましょう!(笑)

本を買った店はメールにて、、、。

投稿: いさ | 2009年3月15日 (日) 午前 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/28602080

この記事へのトラックバック一覧です: 古本17円:

« 靴を買いました! | トップページ | 修理部品取り付け »