« 鞘倉開放 | トップページ | エイがやって来る »

2009年9月28日 (月)

変な鍵

昨日、こんなモノの修理を地元にある八幡社の社守さんに頼まれました、、、。
Dscf9632
コレは修理後の写真なんですが、元はZ状に曲がってました。
なんか子供にイタズラされて曲げられたとか言ってたっけ?
9ミリの丸棒ならトンカチで叩けばスグ直るのですが、普通の人には難しいのかな?
これは何に使うのかと言いますと、、、。
P1000002
車の侵入を止める為の物にある鍵回しです。
本来は長い棒は無いのですが、しゃがみこんで鍵を回すのは年寄りには大変な為かな?
立ったまま鍵が回せる様に延長してあります。
でも、鍵穴に命中するの難しいと思うのは僕だけか?
棒に先、、、。
Dscf9631
なんか鍵が特殊な形状なんですね。
写真は直した後なんですが苦労しました。
直す前は先がねじれてまして、思いっきり力を加えたのでしょうね。
最初はコレならウチにあるから付け替えれば良いかなと思っていましたが、さすがに鍵です!そう簡単には行きませんでした。
何がって、、、。
Dscf9636
ウチにあるのと形状が違うんです。
最近は自動車に使われる事が多く成ったトルクスネジ用のレンチ。
ヘクスローブとかスターキーなんて呼ばれてますが、普通に見かけるのは6角。
でも、修理するのは5角だったのです。
なんでこんな形のを使うかなぁ〜。(泣)
あちこち探しましたって!
鍵屋さんに言ったら「これ何?」と即断られ、カー用品店では普通のしか売ってない。
ネットで調べると少ないですが見つかるんですけどね。
でも、これ一個の為に仕入れるのめんどくさい。
結局ガスで炙って捩じれを矯正。
でも、少し直りませんでした。(泣)
あまり無理すると山が潰れ、修理どころか壊してしまいます。
おまけに軸の真ん中に穴が空いてます。
この穴が大事で、相手の鍵穴が、、、。
P1000003
真ん中に邪魔者が飛び出ている。
これのせいで軸の中心に1.5ミリの穴を空け直す。
なんでメーカーはこんな鍵にしたのか?
修理した物持って試して来ましたが、鍵穴に砂が少しでも入っていると回せません!
オマケに鍵を失えると大変ですよ!
それよりコレを付けた業者は何考えているのか?
同じ値段で南京錠タイプが売ってますって!
使う人の善し悪し考えて付けないとはイケマセンねぇ〜。

|

« 鞘倉開放 | トップページ | エイがやって来る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは、メーカーが自分とこ独占で仕事を取ろうと思って策略をめぐらしたのだと思われます。
で、コレつけちゃえば、ずっと自分とこの客になるのでは・・・という考えかもと思いました。

投稿: 梶庄 | 2009年10月 1日 (木) 午前 10時41分

それもあるかも知れませんね。
でも、コレならラジオペンチを上手く使えば回せそうですよ!(笑)

投稿: いさ | 2009年10月 1日 (木) 午前 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/31555553

この記事へのトラックバック一覧です: 変な鍵:

« 鞘倉開放 | トップページ | エイがやって来る »