« ふれあい山車まつり8 | トップページ | 灯台の日 »

2009年10月31日 (土)

ふれあい山車まつり9

帰り道、、、。
Dsc_9341_2
めずらしく提灯が沢山、、、。
Dsc_9343
毎回消えるか落ちるかするのですが、反対側の5個が落ちただけです。
良い感じ、、、。
Dsc_9355
おや、、、?
Dsc_9357
Dsc_93591
前梶に乗っているのが女の子。
こんな時代が、、、。
Dsc_9360
いずれやってくるとは思ったが、、、。
Dsc_9362
数年後には若衆が男女逆転するのでしょうか?
さて、ここで僕は山車から離れて迎え太鼓の準備に行きます。
冨貴市場のメインストリート、、、。
Dsc_9368
車を通行止めにして迎え太鼓設置中ですが、スグに老いぼれ囃子方が試しです。
曲は途切れ途切れでダメダメ。
しばらくして現役と交代、、、。
Dsc_9378

迎え太鼓」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

若衆が大太鼓取り合い、、、。
Dsc_9389
Dsc_9390
さて、山車を会館に曳き込みます、、、。
Dsc_9395
Dsc_9397
Dsc_9398
山車はこのまま鞘倉へ、、、。
Dsc_9400
でも僕は大太鼓の片付けで近くの仮倉庫へ行きます。
戻って来ると若衆どあげ、、、。
Dsc_9407
なんか危なっかしいですよ!
鞘倉の中では、、、。
Dsc_9411
提灯外し中。
それでも若衆は外でどあげが続いてます、、、。
Dsc_9417
これにて第4回 武豊ふれあい山車まつりが終わりです。
最後に、、、。
Dsc_9421
実行委員長&福実行委員長、その他3名紛れ込んでますがお疲れさまでした。
最高のまつりでしたよ!
お終い、、、。

あっ、皆さん「金とく」見ましたか?
もし忘れて見れなかった人は明日の日曜日に再放送がありますよ!
ウチの山車も登場してますのでご覧下さい。

すみません、朝新聞を見て気づきました!
本日の金とく再放送は特番のため中止です。(泣)

|

« ふれあい山車まつり8 | トップページ | 灯台の日 »

「祭り」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。
 「金とく」、見ましたよ。
 天王丸は向田交差点の曲げ場で登場していましたが、あの「上乗りの失敗」がまともに映っていましたね・・・。
 後小迎区の若衆達に混じったアナウンサーを見て、何か違和感を覚えました。

投稿: 烏骨鶏 | 2009年11月 1日 (日) 午前 07時30分

上乗り交代したのは区会のお年寄りですから、急に言われて上手く出来ないですよね。
ちゃんと予行演習しとかなきゃダメです!(笑)

内多アナ、46歳にしては十分頑張った!
もし、僕があそこに入れと言われたら即断りますからね。
ちゃんと衣装まで着て参加は立派です。

あっ、今日の金とく再放送、特番か分りませんか料理番組に占領されてます。
再放送は無くなったのかな?

投稿: いさ | 2009年11月 1日 (日) 午前 07時41分

紛れ込んでいる3人、この顔は見覚えありますね~。
金とく、見逃したので再放送やってほしいなあ~。
当日内多アナの緊張した顔を見ているだけに、どんな番組になったかチェックしてみたいです。

投稿: 梶庄 | 2009年11月 4日 (水) 午前 10時33分

この博物館で組み立ている山車。数年前に上役の馴染みの飲み屋のおかみを上山にのせ宮入したことがありました。それみたを見た時は悲しかった。若衆が壇箱に足突っ込んだりして(彫刻が壊れるんじゃないか!)と思った。ここは小さな部落で他の山車に比べ彫刻等も少ないが先人が苦労して作り上げた物。しかし近隣の山車地区のまねで昔の村祭りも変わった。刺繍入れてそれまでなかった追幕と吹き流しを付けて山車も変ってしまった。別の地区では裸に近いような恰好で上山に乗っていたし若者頭が女性だったり。某若家では祭り前日に若衆&彼女達が寝泊まりしていたり、これらの上役と長老は何も思わないのだろうかと悲しい。いつから山車を騒ぎとカッコつけるためのイベントの道具になってしまったのだろう… 自分の意見は女人禁制

投稿: 山車おたく | 2009年11月 4日 (水) 午後 06時47分

梶庄さん>

金とくビデオ、やっとパソコンに取り込めましたよ!
画質悪いですが公開します。
でも、著作権大丈夫かなぁ〜?

山車おたくさん>

女人禁制、その気持ち分ります。
僕も内心はそう思いますが、このご時世、なかなか祭りを続けて行くのは難しいです。
ウチの組、保存会自体がピンチに成って来ています。
人手不足と言いましょうか、入る人が少なく、出て行く人数の方が多い現状です。
若い世代で祭りに参加する人が少ないのが原因。
他地区でも苦労している所は結構ありますね。
ウチの女の子達、小さい時からお囃子をガンバッテ来た子達です。
そんな子達も大きくなれば若衆もやりたいでしょう。
もし、自分が男じゃなかったら諦めますか?
さすがに僕はヤメろと言えません!
昔は男の祭り、女は男達のカッコ良さに引かれ見とれる?
そんな時代では何処かへ行ってしまいました。
それだけ男が軟弱に成ったのかも?

投稿: いさ | 2009年11月 4日 (水) 午後 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/32014704

この記事へのトラックバック一覧です: ふれあい山車まつり9:

« ふれあい山車まつり8 | トップページ | 灯台の日 »