« 伊賀上野天神祭4 | トップページ | 伊賀上野天神祭6 »

2009年11月11日 (水)

伊賀上野天神祭5

鬼行列、この日2度目の見物。
記事が最初からに戻った気がしますが、気にしないで最スタート!
大御幣、、、。
Dsc_9548
真ん中の人、、、。
Dsc_9549
不動明王の役、周りの4人は降三世、ぐんだり、大威徳、金剛夜叉の明王です。
御幣の重さは約120kgあるそうです。
これを持ち上げ、、、。
Dsc_9551
街中を進んで行くのだが、至る所に電線があり、その度に御幣を下げて通り越す。
見ていて結構大変そう?
悪鬼、、、。
Dsc_9552
細く尖った角がどことなく般若にも似ていますが、これこそ鬼の象徴。
面の無い小鬼、、、。
Dsc_9556
将来は鬼となるべく未来を担う。
鬼行列で一番かわいい。
少し大きく成ると、、、。
Dsc_9558
面を着け行列を行く八天鬼に成ります、、、。
Dsc_9559
役名は、猩々、泥眼、童子、怪士、小飛出、小面の三人、合わせて8人の名称です。
さて、怖い四天がやってきます、、、。
Dsc_9560
ほら、あそこで、、、。
Dsc_9561
鬼が近づいて行きました。
怖かったら見なきゃ良いのに、、、。
Dsc_9562
小さな子供は最初だけしっかり見るんです。
結局は泣いちゃうんです。
でも、親は、、、。
Dsc_9563
親じゃ無く爺ちゃんかな?
思いっきり笑ってます。
子供は相当怖がっているのにね。
これってココでしか見れない光景です。
本来なら守らなきゃイケナイ存在なのにね。
この日ばかりは鬼より怖い家族に変わるのかも知れません。
役行者、、、。
Dsc_9564
この人だと鬼も言う事を聞く、それはもうスゴイお方。
一説では忍者の元祖らしいですよ?
足元は一本下駄、、、。
Dsc_9565
祭りが終わった頃には相当足が疲れていそうですね。
翌日は脹ら脛が筋肉痛だったりして?
やっこ、、、。
Dsc_9566
大きな和傘を持ち、進んで行きます。
さぁ、この後は人気者の登場です。
つづく、、、。

|

« 伊賀上野天神祭4 | トップページ | 伊賀上野天神祭6 »

「祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24168/32175956

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀上野天神祭5:

« 伊賀上野天神祭4 | トップページ | 伊賀上野天神祭6 »